空気が汚くなる影響

花粉症の歴史の中で
重要な事があります。


それは、戦後の復興のために
大量のスギが植樹されたのは、
花粉症患者が増えるワケ
で説明しましたが、
発症者増加の原因は実はそれだけではありません。


これも戦後の復興に関連していますが、
高度成長期に代表される大気汚染です。


特にディーゼル車の排気粒子の主成分を
常時吸い込んでいると
鼻の粘膜が傷つきやすくなり、
IgE抗体の生産を増加することが
証明されています。


また、アスファルト上に舞う花粉が土に還れずに
ビル風や車に何度も巻き上げられ、
私たちがその花粉を何度も吸い込むことになり、
悪循環に陥っているという現象があるのです。


コレも花粉症に影響を与えていると言えるのです。


スポンサード リンク