花粉症に良くないもの

花粉症対策として注意する点を
考えてみましょう。


花粉症に対して良くない事は
極力避けて生活する事が
花粉症予防であり、花粉症対策となるのです。


まず、鼻粘膜を刺激するものは
控えた方がいいでしょう。


鼻の粘膜を刺激するものといえば
タバコが挙げられます。


タバコの害は花粉症のみならず、
肺がん等の病気にかかりやすいと言うことは
誰でもご存知だと思いますし、
「百害あって一利なし」と言われていますね。


タバコの煙は
花粉症で敏感になっている鼻の粘膜を更に刺激し、
症状を悪化させる原因になります。


刺激性の強い香辛料(唐辛子、コショウ、ワサビなど)も
鼻の粘膜を刺激するので、
出来る限り控えましょう。


では、アルコールはどうでしょうか。


少量のアルコールは食欲を増進する効果がありますが、
コレも摂り過ぎると良いことはありません。


アルコールは鼻に充血を起こすため、
鼻詰まりの症状が酷くなってしまいます。


また、抗ヒスタミン薬を服用してから
アルコールを摂ると吸収が速くなり、
眠気の副作用が強く出ることがあるので注意しましょう。


スポンサード リンク