花粉症と風邪は違う

花粉症なのか風邪をひいたのか
症状的にわからない事がよくあります。
ココで、花粉症と風邪の違いについて
お話してみます。


風邪の場合のくしゃみ・鼻詰まりが続く期間は、
概ね1週間程度になります。


風邪もヒドく無い場合は、
しっかりと1日、休養や栄養を採れば
完治する事もよくあります。


しかし花粉症の場合のくしゃみや鼻水は
1週間程度では終わりません。
だいたい、2〜3ヶ月にもなります。


又、同じ鼻水でも風邪の場合は、
初めは水のようですが、
段々と粘りが出てきて膿の様になってきます。


目の痒みは花粉症特有の症状であり、
風邪の症状にはありません。


では、熱はどうでしょうか。


風邪の場合は40℃になる場合もありますし、
比較的高熱を発しますが、
花粉症の場合は微熱程度です。
又、風邪は下痢の症状を伴うことがありますが、
花粉症の症状は基本的に首から上に集中します。


大きな違いとして認識されているのが
風邪の症状は天候に影響を受けることはありませんが、
花粉症の症状は晴天で風邪の強い日は特に悪化し、
雨の日や夜間は比較的治まります。


このような症状の違いに注目すれば
風邪か花粉症かの見当はつきますが、
最終的には病院で診察を受けることが一番です。


スポンサード リンク