花粉症とアレルギーの違い

花粉症だけに注目しがちですが、
それ以外の病気も深刻であり、
花粉症はそれらの中に相対的に存在する
一つの病気だということを認識することも必要です。


主な症状として、
連発するくしゃみ、多量の鼻水・鼻詰まり、
目の痒み・充血・流涙などがあり、
日常生活に支障を来すほどに
症状が酷いケースも稀ではありません。


「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目の痒み」は
花粉症の4大症状といわれます。


ココで花粉症とアレルギーを対比して考えてみます。




【花粉症】

ある種の花粉を吸入するためにおきるアレルギー性炎症。
鼻炎・くしゃみ・喘息(ぜんそく)・結膜炎などを伴う。
原因として春のスギ・ヒノキ、初夏のオオアワガエリ、
秋のブタクサ・ヨモギなどの花粉が知られている。
枯草熱とも呼ばれている。




【アレルギー性鼻炎】

アレルギー性鼻炎は季節性と通年性に分けられ、
季節性のものを花粉症といいます。
花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)のアレルゲンは
スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバなどです。
これらの花粉は1年中ないので季節性といいます。

一方、通年性は慢性鼻炎と呼ばれ、
アレルゲンは季節とは関係のない
ダニ、ハウスダスト、動物などが挙げられます。

他にはペットの毛やカビの胞子など、
多種に及びます。


スポンサード リンク